2018年4月28日

ガレージのある家 Vol.40

image description

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

【特集】狭小ガレージハウスのススメ

限られたスペースにおいて最大限に合理的で快適な生活空間を導きだすこと。
これは一般的な家造りの際にも必要な考えではあるが、
"狭小地"の"ガレージハウス"となるとハードルは俄然高くなる。
狭小ガレージハウスは建築家の腕の見せ所であり、経験やセンスが問われるものでもある。
今回は施主と建築家、それぞれの想いが具現化された狭小ガレージハウスの実例を紹介しつつ、
狭小ガレージハウスならではのポイントを探る。

・SMALL HOUSE01
 ガレージの配置から間取りを決定し
 天空率を使い広い3階部分を確保。
・SMALL HOUSE02
 法律基準を最大限に活用した
 狭小地を感じさせない家に
・SMALL HOUSE03
 当初リフォームも考えたが
 将来を見据えて建て替えに
・SMALL HOUSE04
 工夫を凝らして建てた
 男の1人暮らしの家
・SMALL HOUSE05
 日本初となる狭小住宅のモデルハウス
 スケール感を掴むためにも見学したい
・狭小ガレージハウス
 成功への極意

【その他のコンテンツ】
・建築家作品集:ガレージハウス10例ご紹介。
・Vintage Car Life
・カーポート・カタログ
・海外バンコクインターナショナルモーターショーレポート

 など

タイトル:
ガレージのある家 Vol.40
定価:
2222円+税
発行年月日:
2018年4月28日
978-4-7770-2207-6

バックナンバー/関連誌