2019年2月21日

レイルマガジン427号 2019年4月号

【特集】鉄路を護る車輌たち

今号では、安全・快適な運行には欠かせない、鉄路をメンテナンスするための車輌や列車を特集します。レールやバラスト(砕石)は定期的な交換が必要であり、そのためにレールやバラストを輸送するための列車(工臨)が不定期で運転されているほか、“ドクターイエロー”に代表されるように、軌道・電気・通信・信号などの設備の定期的な検測を行うための車輌・列車も存在しています。
これら「縁の下の力持ち」の事業用車輌・列車の現況やそれぞれの運行パターンなどを解き明かすほか、JR線以外にも民鉄各社におけるそれらの役割を持つ車輌についても整理します。また、新日鐵住金のレール輸送貨物列車や線路設備モニタリング装置、工臨と保守用車の役割分担などについても解説します。

タイトル:
レイルマガジン427号 2019年4月号
定価:
1148円+税
発行年月日:
2019年2月21日

バックナンバー/関連誌