2019年6月25日

Rolling Stone Japan(ローリングストーンジャパン)vol.07

image description

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

BATTLE OF TOKYO独占表紙

EXILE TRIBEの若手グループ“Jr.EXILE世代”による初の総合エンタテインメント・プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」がいよいよスタートする。現在公開されているMVでは、各グループが近未来的な世界観の中で“コラボバトル”する様子が描かれ、早くもその圧倒的なスケール感が話題だ。7月3日には、Jr.EXILE世代として初となるアルバム『BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~』が発売され、翌日の7月4日から7日にかけては、千葉・幕張メッセにてライブイベント「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE~」が開催されることも決まっている。

今回、Rolling Stone Japanでは独占表紙巻頭特集が実現。

カバーを飾るのは、白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、中島颯太(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、深堀未来(BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE)の4名。彼らの撮り下ろし写真とロングインタビュー計22ページとともに、LDHのライブ・クリエイティブを担う「TEAM GENESIS」のSEVA氏に、LDH流のライブの作り方と、壮大な演出が期待されるライブ「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr.EXILE」への意気込みを語ってもらった。

 

その他の特集は以下の通り。

今からでも遅くない! 2010年代を代表するメガ・コンテンツ『GOT』への誘い

2010年代をグローバルに席巻したメガ・コンテンツの筆頭と言えば、2008年の『アイアンマン』に端を発するMCU映画だ、という認識もようやくここ日本でも広まりつつあるかもしれない。だが実は、2011年春から8年の歳月をかけて完結した『ゲーム・オブ・スローンズ』(『GOT』)こそがこのディケイドの覇者だという声も少なくない。米ローリングストーン紙による美麗写真の記事とともに、音楽評論家・田中宗一郎と「ザ・サイン・マガジン・ドットコム」が、その魅力を解き明かす。

常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか

今、世間から熱狂的に愛されているバンド「King Gnu」のギター&ヴォーカルであり作詞作曲を担う首謀者である、常田大希。King Gnuが絶好調な状態であるなか、常田による新プロジェクト「millennium parade」が始動した。King Gnuのツアー最終日、millennium paradeのリハーサル、そして初ライブ当日の密着取材とインタビューを通して、常田大希の頭脳と心を解剖する。

音楽で紐解くバーチャルYouTuber

音楽活動を主にするバーチャルシンガーや、作曲に特化したクリエイター型、その両方を兼ね備えてアーティスト/作家の両方で契約を交わす才能型など、VTuberの音楽シーンには様々なメンバーが集い、トラックメイカーやボカロP、バンドといった同時代のクリエイターとも共創しながら、新たな音楽カルチャーを生んでいる。そんなシーンの先頭に立つキズナアイ、そして輝夜月、KMNZの3組にフォーカスした。Rolling Stone Japanと輝夜月のコラボレーションによる付録スペシャルポスターにも注目。

SUMMER FESTIVAL 2019
フジロックフェスティバル、サマーソニック、ロック・イン・ジャパン・フェスティバル

2019年、音楽フェスが内包するものはアーティスト、オーディエンス、音楽だけではない。フェスカルチャーという言葉があるように、今では一つの文化として多様な側面を持ち、それぞれ独自のスタイルやメッセージを持っている。そんな背景を踏まえ、フジロックは「フード」、サマソニは「現場」、ロック・イン・ジャパンは「デザイン」をキーワードにそれぞれ取材を実施した。

POP RULES THE WORLD
田中宗一郎と宇野維正がナビゲートするポップカルチャー最前線 2019 Summer

音楽評論家の田中宗一郎と、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正の2人が、「今、世界のポップカルチャーで起こっていること」を題材に、縦横無尽かつ自由奔放に語り倒す対談連載。2019年の第二弾となる今回は、ファンカルチャーがすべてを牽引するソーシャルメディア以降の磁場で批評の役割とは何か? 北米ラップフィーバーの後に訪れた「アイデンティティ回帰」とは? やっぱりボブ・ディランが一番偉かった?など、これさえ読めば「ポップの今」がわかる内容に。

 

【特別付録】Rolling Stone Japan×輝夜月のスペシャルポスター

タイトル:
Rolling Stone Japan(ローリングストーンジャパン)vol.07
定価:
1000円+税
発行年月日:
2019年6月25日
978-4-7770-2454-4

バックナンバー/関連誌