Topics

トピックス
image description image description 【試作】鉄道ホビダスのオリジナルパーツとして、マニ50/マニ44用電池式テールライト

鉄道ホビダスのオリジナルパーツとして、マニ50/マニ44用電池式テールライトというものを試作してみました。 発想のきっかけとしては、モデルアイコンから好評発売中のマニ44は現状メーカー公式でのライト装置等の発売予定がなく、また同キットの台車はプラ製で特に集電について考慮されていない…いや、そんなこと言ったら鉄ホビ・マニ50も電装化する時には台車を他社製金属製に交換するという前提で、キット付属のプラ製台車枠を運転用に使おうと思ったら条件はほぼ同じ。 であれば、別に台車から集電できなくても良いように、電池式給電とすれば良いのでは?という発想です。スイッチはボディを一度外して車内に設置されたスイッチを操作する方式(マニ44は床板をネジ止めする方式になっていますが、弊社で検討した結果では、スナップ程度の固定でも実用上はあまり問題がないようです)。 マニ50もマニ44も荷物車ですからそれほど窓から内部が丸見えという構造でもなく、車内に電池を隠すのも容易。応用次第では別形式にも使用できると思います。一種の汎用的に使えるパーツになるかと。なお、既に発売済の鉄道ホビダス「マニ50用T車ユニット」「同ライトユニット」を併用する必要はありませんが、室内灯を点ける場合はこちらをお使いいただいた方が便利でしょう。用途に合わせて使い分けていただければと思います。 まだ試作品状態ですが、近日仕様・価格等を決定したいと思います! 写真は、台車を履いていない=当然ながら線路→台車を通じての集電をしてない状態でライトが点いている、というところを示しています。

image description image description クマネコ・プレート!?

かつて弊社の社名が『企画室ネコ』だった時代、 そして、本誌カー・マガジンがまだスクランブル・カー・マガジンと名乗っていた時代、 オフィシャル(?)キャラクターだったのが、太ったネコのシルエットで御馴染みの 『クマネコ』でした。そのクマネコは、オリジナルの金属製プレートにもなるくらい、 当時は読者の皆さんの間でもメジャーなキャラクターでしたが、それから幾星霜。 今やネコ・パブリッシングの様々な媒体の中でも、その痕跡をわずかにとどめるのは、 カー・マガジンの編集後記につけられた副題、『クマネコ日誌』くらいでしょうか。 すでに当時のことを知る生え抜きの社員も、みな"卒業"してしまっています。 というわけで、『スクラン文化遺産』とも言うべきクマネコを後生に伝えようと、 カー・マガジンが主催・参加するイベントで、皆さんにお配りするための 『クマネコ・ステッカー21世紀版』をただいま鋭意製作中。そして、 みなさんに最初にお届けできるのは、9月30日(土)に開催予定の 大磯のイベント会場になりそうです。来場の皆様にはもれなくプレゼントする予定なので、お楽しみに!

http://car-mag.jp/img/472/eventkokuchi.pdf
image description image description 『週刊ムーミンハウスをつくる』のプレス発表会に行ってきました。

本日8/29に創刊された、『週刊ムーミンハウスをつくる』のプレス発表会に行ってきました。毎号付属のパーツを組み立てると、原作の世界観を余すところなく再現したムーミンのドールハウスが完成します。設計・監修を担当したドールハウス作家の村上一昭さんがもっともこだわったのが、質感は原作の世界を緻密に再現しながらも、組み立てはできるだけ簡単であること。...レーザーカットで精度をあげ、なるべく自然に、ほとんどのパーツを木で再現。キャラクターに合わせた壁紙の柄や、ドアはもちろん、机の引き出しやオーブンなどが開けられたり、鏡は写るなど、まるでムーミン達の世界に飛び込んだよう。100号、約2年にわたって作り続けても飽きない工夫が随所になされています。発表会場となった「ムーミンベーカリー&カフェ 東京ドームシティ ラクーア店」では、創刊記念として2017年8月29日(火)~2017年9月18日(月)の期間、週刊 『ムーミンハウスをつくる』完成版実物の展示、写真撮影が楽しめるフォトスポットの設置、オリジナルコースターのプレゼントなどのイベントを実施。さらに、9/1からは「moomin Bakery&Cafe×デアゴスティーニコラボデザート ムーミンハウスブリュレパンケーキ」限定メニューも登場しますよ!

https://deagostini.jp/moo/
image description image description 東急バスさんから、「ザ・バスコレクション東急バスオリジナルセット」の情報が参りました!

みなさんこんにちは。残暑お見舞い申し上げます。 今年の8月は(も?)、何だか特徴的な天候が続きますよね。編集部のある東京も梅雨のような長雨の後、ふたたび猛暑がやってきました。さて、少々ご案内しそびれてしまったのですが、東急バスさんから、事業者限定のザ・バスコレクション(バスコレ)、「ザ・バスコレクション東急バスオリジナルセット」の情報が参りましたので、こちらでもご案内しましょう。既に何回か発売されている東急バスさんの、「ザ・バスコレクション東急バスオリジナルセット」ですが、今回は現在活躍する最新型2種が製品化されました。製品化されたのは、新型日野ブルーリボンQDG-KV290N1大型路線バスの社番IA1600と、三菱ふそうエアロエースQTG-MS96VP大型高速路線バスの社番NI3660です。発売は2017年9月16日(土)からを予定していて、上記2台セットで価格は1つ2,160円(税込)となっています。詳しくは以下のホームページをご覧下さいね。これまで発売されてきた「ザ・バスコレクション東急バスオリジナルセット」を買ってきた方はもちろんのこと、実車好きでこれからコレクションしてみようと思う方にも最適。もちろん、Nゲージ鉄道模型のジオラマやレイアウトのアクセサリーとして、現代を表現する際にはピッタリの一品です。ぜひ、チェックしてみて下さいね!

http://www.tokyubus.co.jp/top/news/001494.html
もっと見る

Information

インフォメーション

EC sites

ECサイト
  • image description
    世田谷ベース、サーフィン、鉄道模型、クルマ、アニメ等、趣味に特化した商材を取り扱っております。
  • image description
    ビーチライフ、北欧、ねこ雑貨など、ここでしか買えないアイテムに出会えるレディース通販サイトです。