2019年8月27日

KINFOLK JAPAN EDITION vol.26

特集:教育

人生を生き抜くために学び直す情操教育、性教育、社会教育

日本では新学期が始まる9月ですが、北米やヨーロッパを含む多く国の学校では、9月に新学年を迎えます。そのため、大人になっても9月は「長い夏休みが終わり学校に戻る月」という強いイメージがつきまとうのです。冬には寒さから身を守り、暖かい春になると旅をしたくなるように、秋が近づくと何歳になっても新しい文房具やノートの思い出が呼び起こされます。

Kinfolk Volume 26の特集は「教育」です。「いくつになっても脳は学習することが可能」と認知科学者が主張するこの時代、教育について今一度考えてみたいと思います。

・ウェス・アンダーソン映画の俳優、ジュエリー・デザイナー、環境活動家のワリス・アルワリア
・世界がもっとも注目するプロデューサーのひとり、モントリオール出身のKaytranada
・大人のための性教育講座を実施するエリカ・チディ・コーエン
・『恋愛のディスクール』の作者ロラン・バルトは現代の恋愛事情についてどう考えたか
・サンダンス映画祭でグランプリを獲得した映画監督、デジリー・アカヴァンへのインタビュー
・再スタートを切るために「どん底」を経験することの必要性
・マルチ商法を助長するソーシャルメディアの問題点

タイトル:
KINFOLK JAPAN EDITION vol.26
定価:
1389円+ 税
発行年月日:
2019年8月27日
978-4-7770-2387-5

バックナンバー/関連誌