2022年4月21日

RMモデルズ321号 2022年6月号

image description

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

【特集】スタートライン 鉄道模型を始めよう

春は「始まりの季節」と言われるように、学業や仕事においても、年度始めとなるこの時期は、新生活がスタートしたという方はきっと少なくないでしょう。趣味の世界も同様、新たな趣味に挑戦するには絶好の季節です。これから鉄道模型を始めようとするビギナー(初心者)にとっては、何を揃えれば良いのか、どうやって遊べば良いのか…情報が溢れる現代においても、ネット検索だけでは解決できない疑問や質問が山積しています。もちろん誰もが必ず通る道であり、先人の良きアドバイスを受けてステップアップしていくのが「趣味道」と言えるでしょう。

今回の特集は「スタートライン 鉄道模型を始めよう!」と題し、鉄道模型を始めるうえで、何を揃えれば良いのかという基礎情報から、運転・工作・ジオラマ・写真撮影など、鉄道模型での様々な楽しみ方を、鉄道模型専門誌ならではの切り口で詳しく紹介していきます。また、スタートラインはビギナーだけに限らず、既に鉄道模型を楽しんでいるエキパート(熟練者)にとっても、さらなるステップアップをする良い時期でもあります。Nゲージから16番へと、よりスケールの大きい模型へのステップアップや、逆にスケールの小さいZゲージという新たなジャンルへの挑戦など、異なるスケールへの転向または併用で楽しむ方法も詳しく紹介していきます。

 

●誌面リニューアル!強力新企画続々スタート!
「宮下洋一 昭和模型工作室」
宮下洋一氏による人気連載は今月から内容をリニューアル!冒頭では筆者の代表作品である「地鉄電車」の世界観をエッセイ形式で振り返る「地鉄電車慕情」がスタート。現実味のある設定と精巧な車両・情景作品が魅力の心象鉄道「地鉄電車」の世界に誘います。

「# 鉄道絶対領域」
鉄道模型専門誌ながら、「鉄道サブカルバラエティ」をテーマにした新企画がスタート!あらゆる鉄道趣味ジャンルに潜在する「未知の領域」、それを「鉄道絶対領域」と命名し、実物の廃線跡や鉄道遺構、懐かしの鉄道玩具・模型製品、遊戯施設の鉄道や大型乗用模型など、幅広いジャンルを取り扱います。第一回目の今回は、企画趣旨の解説として、本連載で取扱う各ジャンルの「パイロット版(900番代)」をお届けします!

●特別付録「映える走行&撮影用背景紙(桜バージョン)」
今月の特別付録は、人気企画の「映える背景紙」シリーズ!今回は春にちなんで「桜バージョン」をお届けします!A面は走行&撮影用の静止画、B面はおなじみ「流し撮り」仕様となっております。桜並木をバックに快走する列車の走行シーンを撮影して是非お楽しみください。

タイトル:
RMモデルズ321号 2022年6月号
定価:
1210円(本体1100円)
発行年月日:
2022年4月21日

バックナンバー/関連誌