2022年5月10日

Blue.94号(ブルー) 2022年6月号

CALIFORNIA CRUISING
サーフィンを、文化として

そういえば、カリフォルニアでスケートボードに乗れないというサーファーに、あまり出会ったことがない。やがてどちらかに傾倒することになるとしても、子どもや若者にとっては、あえて線引きする必要のない楽しい遊びだ。ルーツだって交わっている。サーフィンやスケートと同様、クラシックカーやモーターサイクルも、この地で育まれてきた文化。それぞれが交わりながら歴史ごと愛され、認められ、街並みや人々の感覚に、ごく自然に溶けこんでいる。
近年は若いサーファーたちが今まで以上にシェイプにトライしていて、レジェンドと呼ばれるシェイパーたちも惜しみなくその経験を伝えている。自分のボードは自分で削る、それが当たり前だった時代をよく知っているのだ。受け継がれるのは技術だけじゃなく、歴史やリスペクトもいっしょ。だからボードデザインには歴史観が自然に宿り、サーファーたちのスタイルに大きな影響を与えてきた。

せっかくだから、ちょっとカリフォルニアを流してみよう。サーフィンがカルチャーとして、どんなふうに溶けこんでいるのか。日常ですれちがう小さなひとつひとつが積み重なり、やがて文化となり、誇りになる。ま、当の本人たちはいたってカジュアルで、自由気ままなんだけど。とりあえずボード積んで、窓全開にして、繰り出そうぜ。

【Contents】
・NAKI'S COLUMN
・WHAT'S UP !
・CALIFORNIA CRUISING
・サーフィンを、文化として
・海が育む、兄弟・姉妹のストーリー
・A BREATH OF FRESH AIR PORTUGAL
・OUTERKNOWN 
・これまでの軌跡、これからの未来
・FOR PURE FUN
・オルタナティブ・サーフボード
・BLUE.SELECT 
・夏のサーフ・ファッション最前線
・LUDIUS / 三浦翔平
・BROTHERS MARSHALL
・マリブ・サーフショップ /
・カルチュアルセンター
・INNOVATIVE
・BOARDSHORTS
・僕らはタイムサーフトリッパー
・サーフなお家の実例集
・DO THE RIGHT THING / PES
・BLUE. SURF CLUB

タイトル:
Blue.94号(ブルー) 2022年6月号
定価:
1320円(本体1200円)
発行年月日:
2022年5月10日

バックナンバー/関連誌