2018年4月20日

RMライブラリー 225 1950年代の戦前型国電(下)

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

デジタル版

1926年に登場したモハ30形に始まる鉄道省の半鋼製電車は、その後、改良を重ねつつ続々と増備が続けれられ、東京圏および関西圏の国鉄の通勤輸送を支える存在となっていった。しかし、戦時下に入ると資材の不足などが深刻化し、ついに1944年には製作行程や資材を極限まで切り詰めた戦時設計のモハ63形が登場することとなった。
戦後は80系や70系といった新型電車が華々しく登場する一方、第一線で活躍を続ける戦前型の国電もグローブベンチレータ化を 
はじめとする更新修繕が進められ、その姿を大きく姿を変えていった。 
本書は上中下巻の3巻に分け、戦前型の国電について、まだグローブベンチレータ化以前の原型に近い姿で活躍していた、1950年代の姿をまとめるものである。下巻では戦前型国電の頂点ともいうべき“流電”モハ52をはじめとする42系、そして近郊型電車のパイオニアである51系を収録する。 

タイトル:
RMライブラリー 225 1950年代の戦前型国電(下)
定価:
1250円+税
発行年月日:
2018年4月20日
978-4-7770-5429-9

バックナンバー/関連誌