2019年1月21日

RMライブラリー 234 流鉄(下)

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

デジタル版

常磐線の馬橋駅と千葉県流山市の流山駅の間、5.7kmを結ぶミニ鉄道が「流鉄」です。
その歴史は古く、1916(大正5)年に流山軽便鉄道として開業しました。当時は軌間762mmで蒸気機関車による運転でしたが、
1922(大正11)年に社名を流山鉄道に変更し、1924(大正13)年には軌間を国鉄線と同じ1067mmに改軌し、
貨車が国鉄と直通運転するようになりました。
戦後、1949(昭和24)年には常磐線の電化に合わせて流山鉄道も電化、
1951(昭和26)年には社名を流山電気鉄道と改めました。その後、社名は流山電鉄を経て1971(昭和46)年からは
総武流山電鉄となりました。
そして2008年には社名を流鉄に改め、現在も流山市の人々の欠かせぬ足として走り続けています。
本書は、この鉄道の開業以来のあゆみについて上下巻に分け、多くの写真とともに振り返るものです。

タイトル:
RMライブラリー 234 流鉄(下)
定価:
1250円+税
発行年月日:
2019年1月21日
978-4-7770-5438-1

バックナンバー/関連誌