2020年9月18日

RMライブラリー 246 1950年代関西私鉄散歩

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

デジタル版

戦後の荒廃から脱却しつつある1950年代、関西私鉄各社は戦時中の統合の時代から分割・再編へと移行していた。そして戦時中の技術停滞を取り戻すべく、優等列車を中心に新技術を導入した新造車両が競って投入されるなど、サービスを競う時代に入っていた。その一方で戦前に登場した名車がまだ主力として活躍しており、きわめてバラエティに富んだ時代であって、関東育ちのファンにとっては強い印象を与えるものであった。本書では当時学生であった筆者が、関西国電を撮影する傍らで撮り歩いた阪神・阪急・京阪・南海など私鉄各社の、今となっては伝説とされた車両たちの魅力的な姿をお目に掛ける。

タイトル:
RMライブラリー 246 1950年代関西私鉄散歩
定価:
1250円+税
発行年月日:
2020年9月18日
978-4-7770-5467-1

バックナンバー/関連誌