2017年12月21日

国鉄時代52号 2018年2月号

特集:ヘッドマーク

戦後、復活した特急にヘッドマークが取り付けられたのは昭和25年8月のこと。図案化されたマークの機関車への掲示は世界的にもあまり例のないものだった。以来、特急列車の栄光の象徴となって今日まで受け継がれている。本巻ではヘッドマークの元祖、東海道本線の「つばめ」「はと」から、その後の「さくら」「かもめ」など名作と秘蔵の写真で構成、詳細な解説とともに展開します。

 

【特集】
・巻頭グラフ 蒸機特急の時代
・特急列車ヘッドマーク物語
・ヘッドマークステー夜話
・黒岩保美さんと「ゆうづる」
・急行・準急・快速のヘッドマーク 

【一般記事】
・巻頭グラフ 広田尚敬 白い旅路 北海道冬の蒸機
・筑豊を歩く 炭砿地帯の9600
・松浦線のC11・8620
・鳥羽の海 参宮線のC51・C57
・最北の重連急行「利尻」
・品川始発帰省列車の記
・上野駅 あの夜の印象
・雪の宇津峠 米坂線の9600 ほか

【特別付録DVD】
・伯備線 D51三重連
・北辺の旅から 道北の蒸気機関車
・鈴鹿の汽笛 関西本線・紀勢本線・参宮線

タイトル:
国鉄時代52号 2018年2月号
定価:
2296円+税
発行年月日:
2017年12月21日

バックナンバー/関連誌