2021年12月23日

ステレオ時代 80's

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

デジタル版

2022年的1980年代サウンドの楽しみ方

有史以来、日本が一番元気だった時代、それが1980年代。世界でもっとも輝いていた日本を代表する文化のひとつがオーディオだった。ウォークマン、ラジカセ、ミニコン、そしてバラコン。あの頃使っていた&憧れていたネオヒストリックなガジェットを2021年のいま、あらためて楽しんでみよう!……そんなコンセプトで、あの頃のオーディオ&音楽情報を満載したムックです!

【ネコパブショップ数量限定スペシャルパック】
ステレオ時代 80's+オリジナルハイポジカセットテープ(1個)

 

【主なコンテンツ】
●あの頃のラジカセ&ミニコンをもう一度!【中古&修理】
※安く中古で入手、修理して楽しむという方向
PART1
いま空前のラジカセブームと言われているが、その中心はあくまで「重くてデカイ」70年代のステレオラジカセか、studio1980に代表されるモノラルラジカセ。
だけど僕たちのリアルは1980年代。
あの頃憧れて夢中になった、オシャレでカラフルなラジカセをもう一度使いたい!

PART2
ミニコンの実力を知っているか!?
モジュラーステレオ(1960年代)、システムコンポ(1970年代)を経て、1980年代に若者のステレオライフを支えたのは『ミニコン』だった。
オーディオ史に残るプライベートvsリバティ戦争、プロパティ(アカイ)、ロキシー(ケンウッド)など個性派ミニコンなど、興味深いハナシがありつつも、ミニコンは長らく不遇の時を過ごしてきた。
セット物としての宿命か、プレーヤーやカセットデッキが壊れただけで粗大ごみとして扱われ、そのうえ専用パーツが多く修理も困難なため、中国やロシア、中東に多くの中古ミニコンが輸出されてしまい、国内で流通することは少ない。
だが近年、ミニコンが見直されてきた。コンパクト、多機能、そして高音質。リアルな80年代の音がするミニコンを、今あえて楽しむ。

●80年代アイドルの『推し』方!【音楽・レコード】
◇80年代アイドルはEPで楽しむ
シングルレコード、いわゆるEP。タマ数も豊富で値段も安い。ハードオフやリサイクルショップなら100円が相場。中古レコード店でも300~700円で名盤が買える!
中学生、高校生の時に買うのを躊躇したあのシングルも大人買いできちゃうのだ!
[執筆]藤木TDC
◇今聴いても古くない! このLPを聴け!!
80年代テイスト全開のアイドルソングも良いが、いま聴いても古くない、あるいは著名なアーティストが参加しているアイドルLPも少なくない。
今こそ聴くべきアイドル・ソングを厳選!


●a-haが拓いたヴィジュアル時代(仮)【音楽・ライブ】
いまでこそ、新曲にはPV、MVがつきものだが、その流れを決定づけたのはa-haの「Take on me」だ。
日本では80年代を代表する『一発屋』のアイドルグループである彼らは、じつはヨーロッパでは実力派アーティストとして根強い人気を保っている。
そして2021~2022はニューアルバムとジャパンツアーも予定されている!
どうする? 80年代を生で楽しんじゃう??

●カジュアルに楽しむカセットライフ【中古・カセット】
メタルテープ、クロムテープが生産終了して久しい。そしてカセットテープ人気が再燃している今、メタルテープ、クロムテープは投資物件のように高騰しているのが現状だ。
だが1本1万円以上で買ったメタルテープを使う?
そう使えないのだ、もったいなくて。
そこでオススメしたいのは、ソニー『WHAT'S UP?』に代表されるオシャレで安いノーマルテープ。
黒いハーフではなくカラフルな、あるいはクールなテープは、じつは意外な実力派なのだ。
安いノーマルテープをカジュアルに使い倒す…それが今風のカセットの楽しみ方だ!

■令和に楽しむ昭和の香り(仮)
『ROADSIDE JAPAN』『TOKYO STYLE』『賃貸宇宙』など、日常の中の昭和的風景を切り取ってきた都築響一氏が主宰するメルマガ『Radsiders' Weekly』。日本全国で開催されている『昭和的イベント』をサブカル的視点で紹介することも多い。今回は過去に紹介した見どころの多いイベントと、こうしたイベントを逃さないアンテナの張り方をインタビュー。


※表紙・コンテンツ内容は変更となる場合がございます。

 
タイトル:
ステレオ時代 80's
定価:
1620円(本体1473円)
発行年月日:
2021年12月23日
978-4-7770-2515-2

バックナンバー/関連誌