2017年3月30日

ステレオ時代 vol.9

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

デジタル版

良い音をもっと安く、もっと楽しく。
1970~80年代の国産オーディオを中心に楽しむための雑誌です。

【巻頭特集】
FM黄金期を支えたチューナーたち
かつてFM放送はオーディオマニアにとっても大切な音楽ソースのひとつだった。
他のコンポと同じように、黎明期こそ海外メーカーにリードされていたが、精密なパーツと高周波技術の進歩により、1980年代に国産チューナーは大きく進化し、数々の銘機が生まれた。
とくに1970年代から80年代の始めにかけてKT-9900、L-01T、L-02Tといったチューナーの雄、トリオのフラッグシップモデルやサンスイTU-X1などの高級機、パイオニアF-120などシンセサイザの普及機も飛躍的に高性能化。今回はこれら国産銘機を取り上げつつ、FM全盛期に想いを馳せる。

【特集】
音の入口から出口まで4万5000円で揃える激安逸品コンポ【読者プレゼント付き】
本誌創刊号での企画は『9万円コンポ』だった。
あれから3年、ネットオークションと中古オーディオ店での国産中古機材相場はかなり上昇した。
その原因のひとつは本誌ではないかと思う。そこで奮起した。創刊号企画9万円の半額、4万5000円で『聴きごたえのある音』を出そう、と。
もちろんダウンロードソフトやハイレゾ音源はハナから相手にしていない。アナログディスクとCD、パッケージ販売されているソフトの再生装置である。

【anthology】ソニーが好きでたまらない
昨年11月から開催されている『It's a Sony展』のレポートを始め、
大ヒットモデルであるスカイセンサーやウォークマン・の誕生に迫る『sony design』、工芸品に近いトーンアームの世界に電子制御を導入した『未完の大器“バイオトレーサー”秘話』、
カセットテープのタイプ・を支えたロングセラーモデル、『ソニー・デュアド~孤高のフェリクローム』まで、ソニーの魅力を側面から取り上げる記事を集めた。

【その他】
・銘機礼賛:DENON DCD-1650シリーズ……国産CDプレーヤーの大人気シリーズ『DCD-1650』の誕生と成功の秘密を、シリーズ一の人気モデル『DCD-1650AR』の開発担当者へのインタビューで解き明かす。
・レーザーディスクの光と影……『13対1』と言われたVHD対レーザーディスクの『ビデオディスク戦争』を、圧勝に導いたパイオニアの技術力。その裏側に迫る。
・ブランドストーリー『パイオニア・アンプ編』……スピーカーに始まったパイオニアの歴史だが、60年代以降は総合オーディオメーカーとして成長。アンプにも数多くの銘機を誕生させた。

……その他、好きな音を安く楽しむためのヒントが満載!

タイトル:
ステレオ時代 vol.9
定価:
1287円+税
発行年月日:
2017年3月30日
978-4-7770-2066-9

バックナンバー/関連誌