2016年9月20日

RMライブラリー206 福井鉄道(上)

購入はこちら

  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description
  • image description

デジタル版

福井鉄道福武線は、福井県福井市の田原町駅・福井駅と、越前市の越前武生駅を結ぶ21.5kmの路線で、福井市内の3.4kmのみ道路上を走る路面電車になっていることが特徴です。福井鉄道にはかつてこの福武線の他に、鯖江市の鯖江駅・水落駅と織田町の織田駅とを結んだ鯖浦線と、武生市の社武生駅と鯖江市の戸の口駅を結ぶ南越線がありましたが、鯖浦線は1973(昭和48)年までに、南越線も1981(昭和56)年までに廃止されました。
福武線は武生・鯖江・福井を結ぶ市民の足として現在も親しまれており、近年は路面からの乗り降りに便利な超低床電車を導入、今年3月には田原町駅で接続するえちぜん鉄道三国芦原線と相互直通運転を開始したのに加え、福井駅前広場への乗り入れも開始するなど発展を続けています。
本書では上下2巻に分けて、福井鉄道の沿革と、歴代の車輌を解説します。

タイトル:
RMライブラリー206 福井鉄道(上)
定価:
1250円+税
発行年月日:
2016年9月20日
978-4-7770-5400-8

バックナンバー/関連誌